雪国美少女 秘湯レ○プ 無料 ネタバレ 3話 【処女がまさか玉袋から咥えるなんて】

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

 

 

 

こんにちわ。吾郎です。雪国美少女 秘湯レ○プ3話を読んだネタバレ感想を書いてゆきます。

雪国美少女 秘湯レ○プ

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

 

 

雪国美少女 秘湯レ○プ3話を読んだネタバレ

 

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

 

男の欲望はパンツの中にまで及びます。

 

 

 

パンツをずらして、直接少女のアソコを舐めてやりました。

 

 

 

彼女のアソコは舐めれば舐めるほど、だらしなく液を垂れ流します。

 

 

 

男は、その液を彼女が淫乱だと知らしめるため、わざと音をたてて啜りました。

 

 

 

少女は、もっとと言うように、腰を口に押し付けたきます。

 

 

 

彼女のこの様子を見て、男は一度目に森で彼女を見たときに立ち小便ではなく、潮吹きをしていたのだと納得しました。

 

 

 

男は次に、自分のアレを少女の眼前に取り出します。

 

 

 

ただし、男は何も語りません。

 

 

 

森の中で一人自慰に耽っていたような少女であるならば黙って咥えるはずだと考えます。

 

 

 

その思惑は当たったようで、少女は男の玉袋に舌を這わせました。

 

 

 

さらに、その舌を竿のほうに持ち上げて…

 

 

 

少女の淫乱具合が露呈してくる第3話です。

 

 

 

詩的な文章により、独特な世界観に包まれてしまいます。

 

 

 

しかし、それが少女の薄幸さや、無垢さにマッチ。

 

 

 

のはずでしたが、話が進むごとに少女の淫乱具合が露呈してきます。

 

 

 

男いわく、処女のこの少女。

 

 

 

処女がまさか玉袋から咥えるなんて驚きですよね。

 

 

 

もし玉袋から舐められたら、さすがに処女だと信じられません。

 

 

 

きっと根っからの淫乱気質があるのでしょう。

 

 

 

黙ってすべてを受け入れる第3話でした。

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

 

 

 

雪国美少女 秘湯レ○プは電子書籍サイトで読むことが出来ます

 

 

これで1話80円はかなり安いですね!!

 

 

 

80円でこんなに満足できるんならお買い得です!

 

 

 

無料試し読みもできますので、まずは無料で読んでみてくださいね!!

 

 

 

これは男なら必読の漫画ですよ♪

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!