家庭内淫獄 無料 ネタバレ 3話 【はるかを高志は抱きしめ】

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

家庭内淫獄 -娘に忍び寄る手

 

 

 

こんにちわ。吾郎です。家庭内淫獄 -娘に忍び寄る手3話を読んだネタバレ感想を書いてゆきます。

家庭内淫獄 -娘に忍び寄る手

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

 

 

家庭内淫獄 -娘に忍び寄る手3話を読んだネタバレ

 

家庭内淫獄 -娘に忍び寄る手

 

朝起きると洗濯をしていた義父。

 

 

 

はるかの目には昨日義父が自慰に使っていたパンツが映りました。

 

 

 

そのことを思い出し、はるかは義父から洗濯物を奪うように取り、自室のゴミ箱に捨てます。

 

 

 

そんなことが朝にあった日の放課後、はるかの彼氏である高志が声をかけてきました。

 

 

 

様子がおかしかったことを気にしてくれていた様子。

 

 

 

二人は同じバイト先で、今日も一緒にシフトに入っていました。

 

 

 

バイトを増やそうかなというはるかに、高志は義父と何かあったのかと聞きます。

 

 

 

はるかはバイト後、高志を家に連れていきました。

 

 

 

礼儀正しく義父にあいさつをした高志。

 

 

 

義父は快く迎え入れてあいさつを返します。

 

 

 

はるかの部屋へと入った二人ですが、はるかを母の幸せを思うと義父のことなど他者に言うことなどできません。

 

 

 

誤魔化すような態度のはるかを高志は抱きしめました。

 

 

 

そして、舌を絡めると、ドアに隙間が空いており…

 

 

 

義父に嫌悪を抱き始めた第3話です。

 

 

 

そりゃ義父がオナニーに使ったパンツなんて洗濯されても捨てますわ。

 

 

 

そんなパンツ履けるわけもありません。

 

 

 

しかし、母思いのはるかはこのことを誰にも言えずに抱え込んでしまいます。

 

 

 

ただ、母もはるかを想っているはずです。

 

 

 

母を信じて、一度話してみるのも手だと思います。

 

 

 

悩みをたったひとりで抱え込んでしまう第3話でした。

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

家庭内淫獄 -娘に忍び寄る手

 

 

 

家庭内淫獄 -娘に忍び寄る手は電子書籍サイトで読むことが出来ます

 

 

これで1話80円はかなり安いですね!!

 

 

 

80円でこんなに満足できるんならお買い得です!

 

 

 

無料試し読みもできますので、まずは無料で読んでみてくださいね!!

 

 

 

これは男なら必読の漫画ですよ♪

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

家庭内淫獄 -娘に忍び寄る手

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!