家庭内淫獄 無料 ネタバレ 4話 【義父にセックスを見られていた】

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

家庭内淫獄 -娘に忍び寄る手

 

 

 

こんにちわ。吾郎です。家庭内淫獄 -娘に忍び寄る手4話を読んだネタバレ感想を書いてゆきます。

家庭内淫獄 -娘に忍び寄る手

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

 

 

家庭内淫獄 -娘に忍び寄る手4話を読んだネタバレ

 

家庭内淫獄 -娘に忍び寄る手

 

はるかの服の中に手を入れた高志。

 

 

 

はるかは外に出ようと提案しますが、高志はどんどんはるかの服を脱がせます。

 

 

 

高志はおっぱいやアソコを丹念に愛撫しました。

 

 

 

快感が高まってきたはるかは我慢できなくなり、自ら挿入を懇願します。

 

 

 

二人は情熱的に絡まり合い、そのまま中で果てました。

 

 

 

そんな一部始終を義父は覗いていたどころか、ビデオにまで撮っていたのです。

 

 

 

翌日、母から話があると言われたはるか。

 

 

 

母はいい加減な付き合いをしているのなら別れなさいと言いました。

 

 

 

義父から話を聞いていたようで、ゴムもつけていないことまで知られていました。

 

 

 

強く反発するはるかですが、私と同じ思いはさせたくないのという母に何も言えなくなります。

 

 

 

その晩、義父にセックスを見られていたことに布団の中で恐怖を感じたはるか。

 

 

 

そんなはるかを知ってか知らずか、義父は自室であのビデオでオナニーをしており…

 

 

 

義父の厭らしい目が印象的な第4話です。

 

 

 

娘を想うからこその母の発言。

 

 

 

そこに籠められた気持ちは痛いほど伝わってきます。

 

 

 

しかし、ならばこそはるかもそれに応えるべきです。

 

 

 

自分が義父にされたことを相談するべきではないでしょうか。

 

 

 

こうやって黙っているからこそ様々なことは余計な方向に捻じれるのです。

 

 

 

自分の思いは口に出して相手に伝えましょう。

 

 

 

母を前には強く出れない第4話でした。

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

家庭内淫獄 -娘に忍び寄る手

 

 

 

家庭内淫獄 -娘に忍び寄る手は電子書籍サイトで読むことが出来ます

 

 

これで1話80円はかなり安いですね!!

 

 

 

80円でこんなに満足できるんならお買い得です!

 

 

 

無料試し読みもできますので、まずは無料で読んでみてくださいね!!

 

 

 

これは男なら必読の漫画ですよ♪

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

家庭内淫獄 -娘に忍び寄る手

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!