家庭内淫獄 無料 ネタバレ 2話 【視線ははるかのむき出しの脚とスカートの中に】

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

家庭内淫獄 -娘に忍び寄る手

 

 

 

こんにちわ。吾郎です。家庭内淫獄 -娘に忍び寄る手2話を読んだネタバレ感想を書いてゆきます。

家庭内淫獄 -娘に忍び寄る手

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

 

 

家庭内淫獄 -娘に忍び寄る手2話を読んだネタバレ

 

家庭内淫獄 -娘に忍び寄る手

 

義父がお風呂場へ突然入ってきたことに驚くはるか。

 

 

 

はるかの視線は義父の勃っているアレに注がれます。

 

 

 

当然、はるかに追い出された義父は洗濯物カゴに放り込まれたはるかの下着を嘗め回すように見ていました。

 

 

 

そんなことがあった翌日、母が夜に仕事でいなくなってしまい、義父と二人っきりの夜を過ごすことに。

 

 

 

警戒と恐怖を抱きながらはるかは義父との時間を過ごします。

 

 

 

スキンシップに過剰な拒否反応を見せるはるかに、義父は寂しげな顔を見せました。

 

 

 

さすがに申し訳ないと思ったはるかは、義父のマッサージを受けることにします。

 

 

 

うつ伏せになったはるかを揉みほぐしていく義父。

 

 

 

義父の視線ははるかのむき出しの脚とスカートの中に注がれていました。

 

 

 

義父の手が、はるかのお尻を触ろうというとき、家の電話が鳴り響きます。

 

 

 

はるかは逃げるように電話に出て、義父の前から姿を消しました。

 

 

 

電話を終えたはるかは、義父のうめき声のようなものを耳にし、部屋を覗いてみると…

 

 

 

厭らしい視線を投げかけてくる義父との生活が始まった第2話です。

 

 

 

親の再婚、高校生にもなると受け入れがたいのはわかります。

 

 

 

子どもが特に女の子だったりするとなおさらかもしれません。

 

 

 

この義父のように、変な視線を向けてきたり、過度な接触をされるといい気はしませんよね。

 

 

 

本当に仲良くなりたいという想いならいいのですが、下卑た想いを抱えているなら考え物です。

 

 

 

女性はそういった視線に敏感だといいますしね。

 

 

 

私たちの変な視線も案外ばれているものです。

 

 

 

はるかの地獄が始まる第2話でした。

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

家庭内淫獄 -娘に忍び寄る手

 

 

 

家庭内淫獄 -娘に忍び寄る手は電子書籍サイトで読むことが出来ます

 

 

これで1話80円はかなり安いですね!!

 

 

 

80円でこんなに満足できるんならお買い得です!

 

 

 

無料試し読みもできますので、まずは無料で読んでみてくださいね!!

 

 

 

これは男なら必読の漫画ですよ♪

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

家庭内淫獄 -娘に忍び寄る手

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!